« 祖母の喪服 | トップページ | 嫁菓子 »

卒乳?!

今日もお天気 (誕生編) Book 今日もお天気 (誕生編)

著者:桜沢 エリカ
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

贅沢なお産 贅沢なお産

著者:桜沢 エリカ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上は愛読書2冊です。

 
息子があまりミルクを飲まなくなってきました。
 
ミルク大好きだった息子が、いきなり!です。
 
つい最近まで、息子は哺乳瓶愛用者でした。
トレーニングマグも試してみました。
が、ジュースやお茶はそれで飲んでも、ミルクは哺乳瓶でないと、断固拒否!
私は母乳がほとんど出なかったので、
 
「ま、哺乳瓶くらい長く使わせてやろう」
 
と、思っていました。
 
しかし、このごろ息子が哺乳瓶の吸い口を食い破るようになってきたので、やむなくマグ(たんなるマグ)でやることにしました。
 
すると。
飲むときに、息子が、妙な表情を浮かべるのです。
 
「いいよ、もうミルクなんてさ・・・」
 
とでも言わんばかりの、
もしくは、
 
「俺、哺乳瓶卒業しちゃったよ?大人と同じマグで飲んでるよ?」
 
とでも言わんばかりの、
なんとも照れたような笑いをするではありませんか。
そして急に、湯冷ましや麦茶ファンになってしまったのです。
 
・・・卒乳?
こういうのも卒乳っていうんでしょうか??
 
 
さて、私はほんとーに母乳が出ませんでした。
子宮筋腫の手術歴があり、まだ筋腫持ちの上、妊娠性糖尿病になり厳しい食事制限(仕事中に低血糖で倒れそうになることしばしば。幸いなことに出産後は元にもどりましたが)、切迫早産、帝王切開、高齢出産、と、トラブル続き。
 
友人には、
「ほぼフルコースだね」
といわれるほどいろいろやったせいか、最高でも100ccほどしか母乳がでませんでした。
名人といわれた母乳マッサージの先生にもムリだといわれ、はやばやとミルク育児が決定しました。
出産したら母乳は出るものだ、と思っていたので、かなりショックでした。
 
それにしても、どうして「出産したら出る」と思っていたのか。
 
振り返ってみると、私の読んだ出産本は、母乳がたくさん出る人しか出てこなかったし、周囲にもたくさん出る人しかいなかったからかもしれません。
母乳育児の効用もたくさん読み、もっともだ、と思っていたこともあります。
 
さらには、乳腺炎の苦しみや卒乳の苦労話を読んだり聞いたりして、自分もそうなったらどうしよう、仕事に復帰する予定だけど、大丈夫かなー、など、取らぬ狸の皮算用(?)をしていました。
 
ちなみに、父と母もこれに拍車を。
「乳房炎はこわいよ」
「乳房炎はよくかかるからな。ケアが大変なんだぞ」
・・・乳房炎って、それはのことだろっ。
まったく、娘を何だと思ってるんでしょーねっ。
 
 
でも、よくよく周囲に聞いてみると、出なかった人もいました。
昭和20年代に出産をした大叔母の、
「出て出て困った。けど、子どもの体重が増えないから調べてもらったら、薄い、水のような母乳で栄養分がほとんど入ってなかったから、ミルクに切り替えることになった」
というケースもありました。
 
なーんだ。
人それぞれじゃん・・・
と、そうなって初めて気づきました。
(ちょっと考えれば分かりそうなことなんですけど、そうなるまでは気づかなかったんですよね)
 
今でも母乳育児には憧れがありますが、ま、こればかりはしかたない。
気楽に思っています。
 
また、本も・・・距離を置いて読まないといけない場合もあるな、と、改めて思いました。
 
そのときに読んでいた本、それでも、今もいい本だと思います。
私のケースには当てはまらないこともあるけれど、よく読み返しています。
 
さて、どんな本を読んでいたかというと・・・
 
「良いおっぱい悪いおっぱい」(伊藤比呂美・集英社文庫)
昔、20代の初めに読みました。
伊藤比呂美さんに対する興味で開いたのですが、面白くて夢中になりました。
 

今日もお天気 (誕生編)」(桜沢エリカ)

私たちは繁殖しているイエロー」(内田春菊)

母乳育児の楽しさ、乳腺炎、卒乳の苦労は、このあたりを読んで想像していました。
他に、出産、病院にもいろいろあるのだな、というのもわかって、それも興味深いです。
幼稚園、保育園、幼児教育、また父親・母親の関係などについても考えさせられます。

私たちは繁殖しているイエロー Book 私たちは繁殖しているイエロー

著者:内田 春菊
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 祖母の喪服 | トップページ | 嫁菓子 »

「漫画」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「読書」カテゴリの記事

コメント

母乳が出なくて苦労されてたんですね。
私も始めはあまり出てなくて悩んでいたので気持ちは解ります。
あのときは「母乳で育てなきゃ母になれない」と思いこんでいたけど、今となっては何でそう思ったんだろうと不思議です。(笑)

ミルクにも卒乳があるんですね。いつまでもミルクを止められない話も聞いたことがあるのですんなりと止められてよかったですね。

投稿: ASUKA | 2006年8月20日 (日) 00時35分

ASUKAさん
ASUKAさんも苦労されたんですね。初めの頃って、他にもいろいろ馴れないことがあったと思うので、大変だったでしょうね。
今になって思えば、私は早めに母乳無理、と言われてかえって楽だったのかもなー、と(先日、初期の授乳は一回3時間かかったと友人が話していて、びびりました…それって24時間授乳?)

でも、もう既に懐かしい思い出です。

(ところでASUKAさんのところに書きかけのコメントを投稿してしまったかも~。直後にエラーが出てしまったので、こちらで謝らせていただきます。ごめんなさい!)

投稿: 花兎 | 2006年8月21日 (月) 12時31分

私も母乳苦労しました~。
上の子の時は、病院で看護婦さんに「この乳首じゃ母乳ムリ!」と言われてしまい、泣いて帰りました。
それでも頑張ってミルクと混合やりましたけど、混合は一番大変です。

下の子の時は、マッサージに通ったら、母乳だけで済みました。
でもマッサージ代が高くて(気持ちは良かった)、とほほでした。
色んなケースがありますよね。

投稿: kazura | 2006年8月22日 (火) 00時06分

kazuraさん
あっ、私も同じこと言われました!
泣けますよね…
そう、混合は手間二倍ですもんね。マッサージもほんと高くて・・・保険適用は無理でも、何回分かは無料とかいうサービスが欲しいと思いました。

投稿: 花兎 | 2006年8月22日 (火) 07時34分

花兎さん
別件ですが、よろしければポンチョのコピーお送りします。
メルアド入れておきましたので、ご連絡下さいね。

投稿: kazura | 2006年8月22日 (火) 12時35分

私も子宮筋腫手術経験者→帝王切開コースでした。

母乳は最初出ませんでしたが、マッサージに通ってどうにか出るようになりました。後半は相当出ていたうよで、卒乳の時は死ぬかと思いましたが・・・。

投稿: 子連れ狼 | 2006年8月22日 (火) 12時48分

kazuraさん
わっ!嬉しいです♪

投稿: 花兎 | 2006年8月23日 (水) 13時52分

子連れ狼さん
まあ、お仲間!

子連れ狼さんの母乳日記&卒乳日記読みました。
ほんと大変だったんですよね。読んでいて痛さが伝わってきました・・・

投稿: 花兎 | 2006年8月23日 (水) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祖母の喪服 | トップページ | 嫁菓子 »