« ゆかたお直しコーナー | トップページ | 産着の息子 »

最近着たもの

060730_16360001 先日『江戸の誘惑』を見に行った時、着た小千谷縮です。

帰ってすぐに脱ぎ、干して、霧吹きして風を通しました。

060730_21090001

  • 小千谷縮(数年前、古着屋でデッドストックの反物を購入)
  • 絽の染め帯(一笑で購入。もとは着物だった?)
  • 絽の帯揚げ(クリーム色にサーモンピンクの水玉。名古屋栄地下のみの善オリジナル。みの善オリジナル小物は値段が手ごろで種類も豊富)
  • 三部紐(黒とグレーの市松)
  • 帯留め(貝ボタンに金具をつけたもの)
 
この小千谷縮、買うときにかなり迷いました。
糊のためにちょっとシミが出ているのは措いても、
 
かわいらしすぎる・・・
 
でも、そのかわいらしさが捨てがたく、また安かったので購入して、しまっておきました。が、祖母に見つかり、
 
「今すぐ仕立てに出しなさい」
 
ということになりました。
 
「今着なかったら、いつ着る?今でも派手なくらいなのに、とっておいたら着られなくなるじゃないか、こんな柄」
 
・・・ごもっとも。
 
しかしそのとき既に夏。
市内の悉皆屋さんに聞くと、
「ゆのしに出したら3週間近くかかる。この夏には着られないね~」
「そ、そこを何とか!」
「じゃあ、湯のしなしで仕立てて、仕立てた後で洗えば?
 
・・・かーなーり、乱暴なやり方で仕立てられました。
 
ちなみに、仕立てあがってすぐにこれを着て栄を歩いていたら、
「写真撮らせてください」
と、若い男の子に声を掛けられました。
ゆかたの女の子をあれこれ撮影中だとのこと。
丁寧にお断りしましたが(既に「女の子」ではなかったので)、
こんなこと、後にも先にもただ一度(笑)。
いい思い出です~
 
 

060724_14560001

こちらは先先週末のきもの。
 
絽を着たかったのですが、着付けの時間がなくなったので、手早く着られる夏大島です。
 
  • 夏大島(といっても本場ではないと思う。祖母の形見)
  • 絽の刺繍帯(ながもち屋で入手)
  • 変わり織りの絽縮緬の帯揚げ
  • 紅白の帯締め

060724_14570001

翌日こそ絽を~、と思ったのに、天気予報は雨ということで、断念。
  • 紗紬風サマーウール(紫)
  • 絽の刺繍帯
  • 絞りの絽縮緬の帯揚げ
  • 紫の冠
両日とも絽縮緬の帯揚げで、厳密に言えば時期に合いませんが、でもまあいいや、と。
 
帯は二部式です。
着用前日にあわてて二部式にしました。
 
数年前に「ながもち屋」で一目ぼれして購入。
しかし、ものすごーく短かったのです!
私の胴回りの条件(笑)を除外しても、短い。
uzuzさんに教えてもらった改良枕を使っても、はるかに足りない。
しかも、手が関西風についていて、いつも私が締めているのとは逆。
 
それで二部式にしてみて、今回初めて着用してみました。
実は今まで、二部式帯には偏見があったのですが、目からウロコが落ちました。
二部式帯って、楽ですね~! 
 
また、この前から、紗献上の伊達締めわたこう本店で購入)にしているのですが、これが涼しい!
帯の下に入れるタオルも、麻90パーセントのあみあみの浴用タオル(ダイソー)にしたところ、涼しい。
 
ほんの少しのことで、こんなに違うなんて、驚きです。
まだまだ改良の余地がありそうです。

|

« ゆかたお直しコーナー | トップページ | 産着の息子 »

「きもの」カテゴリの記事

コメント

ジョージですか!
おそれいりました。

投稿: kazura | 2006年8月 1日 (火) 16時09分

kazuraさん
ジョージ・・・あっ、本当だ!おさるのジョージに見えますね、この柄!
実は人なんです~。
でもいいな、ジョージ柄・・・アリスやクマさん柄もあるのだから、サル柄もいいですよね。どこかで作ってくれないかな・・・

投稿: 花兎 | 2006年8月 2日 (水) 06時32分

可愛いけど、淡い色だから、帯を地味目にしておけば大丈夫、まだまだいけると思います。
昔の人は、色・柄と着れる年齢に厳密だったけど、今は着る人が「いける!」と思えば、普段着レベルであれば大丈夫でしょうし・・・

ほんとだ・・・お猿に見える・・・

投稿: uzuz | 2006年8月 2日 (水) 07時22分

楽ですよね~>二部式
お舟が大きくて良いなぁ。
私も船と船頭さん帯を持っているのですが、どちらも柄が小さいんです。

絽ちりの帯揚げ、個人的にちょっと話題になっていたりするのですが、私は「帯揚げの素材は色が合えばOKとする」という「名和好子流」の押掛けお弟子ってことで・・・・てへへへへ

投稿: りら | 2006年8月 2日 (水) 07時33分

uzuzさん
まだいけるでしょうか、小花柄・・・いきます。
いきたいです!

「かわいいもの」に対するタイムリミットが近づいてきてから、赤だの朱色だのが好きになってきました。
娘時分にはイヤだったんですけどね~。

投稿: 花兎 | 2006年8月 2日 (水) 23時07分

りらさん
この船頭さんや船、それにしたって大雑把なんですよ。櫓なんてゆがんで刺繍されているという・・・(笑)

その説いいですねぇ、納得します>「帯揚げの素材は色が合えばOKとする」
名和好子さんの本、気になっていたのですが、未読。また読みたい本が増えました~

投稿: 花兎 | 2006年8月 2日 (水) 23時08分

小千谷、とっても素敵ですね。
紗献上の伊達締めは 私もとっても気に入っています。これが無くっちゃ 夏は乗り切れませんね。┐('~`;)┌

船の帯、イイですねぇ。涼しさを感じます。って 探しに行くつもりになっちょる・・・・

投稿: りこ | 2006年8月 3日 (木) 08時09分

りこさん
小千谷縮、仕立てをお願いした悉皆屋さん(推定70歳)に「今時まだこんな柄のがあったんだ~」と驚かれました。
昔はよくあった柄なんでしょうか。

紗献上の帯揚げ、ほんと、いいですよね!
二年ばかり迷って、やっと今年手にしましたが、既に必需品になりました♪

投稿: 花兎 | 2006年8月 5日 (土) 16時43分

絽の染め帯、いい〜!!です!スキ・・・

小千谷、光にすかすと、やわらかくって優しい柄、よいものですねー。
(しかも、涼しいですよネ。)

最近帯揚げ、すける手織りの絹ストールばかり使っています。夏っぽいからイイかななんて・・勝手に判断して。

投稿: gubaku | 2006年8月 7日 (月) 09時44分

gubakuさん
夏のきものに光が透けるところを見ると、もー、暑くっても着ちゃうぞ!って気持ちになります。

手織りの絹ストールですか。わあ、美しいでしょうねぇ。
そうですよね、雰囲気が合ったらOKですよね♪

投稿: 花兎 | 2006年8月 7日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆかたお直しコーナー | トップページ | 産着の息子 »