« セントレアに行ってきました | トップページ | リニューアル »

夏休みの自由研究に・・・

もうじき夏休みなんですね。

日経 Kids + (キッズプラス) 2006年 08月号 [雑誌] 日経 Kids + (キッズプラス) 2006年 08月号 [雑誌]を立ち読みしていて、そういえば自由研究というのがあったなー、と思い出しました。

自分が小学生の頃は、単に、やりたいことをやれば宿題になる、ラッキー♪としか思っていませんでした。

でも、近年の学校教育では、また、“自由研究”もかつてとは違った意味合いを持つのかな、と思いました。

土日休みになってからは、授業時間が足りなすぎる。
削ることのできるところは削っていくしかない。
ゆっくり“体験”をしている時間なんてない…みたいです。

だから、理科の実験なんてしない学校が多いのだとか。
それで、塾・予備校の小学生向けの実験講座などは大盛況。
子どもを受講させた知人によると、申し込みは電話のみ、開始時間とともに家族総動員で電話をかけて、やっと申し込めた…
って、なんだか人気コンサートのチケットをとるときみたいです。

こういう時代だと“自由研究”も、普段充分にできない“実体験”をする貴重な機会として捉えられるのでしょうか。

さて、その雑誌ではいろいろな“自由研究”が取り上げられていたのですが、ついつい目が行くのが伝統芸能関係。

以下の二つが紹介されていました。

【MOA美術館 第22回 夏休み能楽サークル

  • 開催日 平成18年8月11日(金) 10:15 ~15:30
  • 【午前の部】 体験コーナー 講師 観世元伯
  • 【午後の部】 能楽観賞 「土蜘」宝生和英 「盆山」野村萬斎
  • 料金 小中生席 2,000円/大人 4,500円~5,500円
  • 詳しくは上記ホームページをご覧ください。

【京都観世会館 面白能楽館】

  • 7月29日(土)
  • 能を見たり、仕舞体験したり、いろいろできます。
  • 入場料1,500円ですが、幼児無料。小学生二名まで無料!

また、雑誌には取り上げられていませんが、このほかにも各地でいろいろなワークショップが行われるようです。

愛知県では、
【伝統芸能上演会】
7月22日、名古屋能楽堂、入場無料、邦楽器体験と子どもの発表、玄人の上演があります。

【狂言・能ワークショップ】
主催:財団法人豊橋文化振興財団
費用:無料
申し込み:7月7日(金)から豊橋文化振興財団にて
申し込み方法:(財)豊橋文化振興財団ホームページをご覧ください。
夏休み~10月の土日開講。
狂言ワークショップの講師は、和泉流、狂言共同社の井上菊次郎師。
能ワークショップの講師は、大倉流大鼓方・筧鉱一師と観世流太鼓方・加藤洋輝師です。
対象は幼児~中学生と保護者。
最終回は合同の発表会もあるようです。
※ホームページでは狂言のワークショップの情報しか載っていませんが、手元のチラシには能のワークショップの情報も載っています。

【名古屋能楽堂の夏休み親子能楽教室】
主催 (財)名古屋市文化振興事業団・(社)能楽協会名古屋支部
日時:8月9日(水)、10日(木) 10時~14時30分
内容:1日目 仕舞の練習(子ども) 謡の練習(親) 2日目 能舞台での発表会
講師:梅田邦久(観世流)ほか
対象:小学校4年生から中学校3年生までの子どもとその保護者
※詳しくは名古屋能楽堂公式ホームページに載っています。

|

« セントレアに行ってきました | トップページ | リニューアル »

「伝統芸能」カテゴリの記事

「公演情報」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97165/2491679

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの自由研究に・・・:

« セントレアに行ってきました | トップページ | リニューアル »