« 猿回し | トップページ | とうとう見つけてしまいました »

祝い着

060531_14590001_1息子の祝い着です。

先日、久しぶりに(といっても一年ちょっとぶり)に出してみました。

我が家は戴き物一家です(笑)。

育児用品のほとんどを、友人、知人、親戚からもらったもの、借りたもので済ませています。

うちわけは、ざっと、ミルク用湯沸しポット1台、哺乳瓶3本、哺乳瓶消毒器、離乳食用食器、トレーニングマグマグ、ベビーベッド1台(もらってくれ!という声は、あと4、5件ありました)、ベビー布団3組+私が赤ん坊のときに使ったもの1組、チャイルドシート2台、歩行器、ベビーカー、カタカタ車、ルーピング、メリー(あのくるくる回るの)2台、古着多数などなどなどなど。

ありがたやありがたや。
もう、四方八方に足を向けて眠れません。

あと、ベビーバスは要るか?と、何人かが言ってくれましたが、これは辞退しました。

というのは、母がテレビ番組「発掘あるある大事典」で「タミータブ」なるドイツ製ベビーバスを見て、きゅん、となり、これを絶対に買う!と盛り上がったからです。タミータブ

一ヶ月も使いませんでしたがね。めんどくさくって。

でも、もったいないので、夏に行水するときにでも再度使ってみようかと思います。

さて、そんな風に暮らしているので、お宮参りの祝い着も、レンタルにするか?という話もありました。

お参りだけして、いっそ祝い着はなしでもいいか?という意見もありました。

しかし、後々まで使えるなら、作ればいい、ということに落ち着きました。

後々まで…といっても、その時にはせいぜい七五三までしか考えていませんでした。

この黒紋付のかたちになったのは、お世話になっている呉服屋さんの大大ベテラン番頭さんと相談の末です。

これは祝い着ですから、本来は背縫いがないはずです。

が、大人になっても着られるように作ったので、背縫い、あります。

七五三には肩揚げなどして袴を着ける予定です。その時には羽織はなし。

成人式の頃には寸法もある程度定まっているから、その時に仕立て直し(着丈は足りないかもしれませんが、袴をつけると決まっている物はわざと短く作るので、大丈夫)、羽織を新しく作ればいい、ということになりました。

これで、一生ものです。冠婚葬祭オールマイティです。

さて、こういう案に落ち着き、それを夫に話しました。

夫「いいんじゃない?」

私「でさ、入学式とか卒業式とかも、これを着せればいいよ。」

夫「それは絶対にやめてやってくれぇ~

うーん…だめでしょうか?

息子が大きくなったら、意見を聞いてみます。

|

« 猿回し | トップページ | とうとう見つけてしまいました »

「きもの」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

素敵ですね~。黒紋付は、男の子には着せてみたいものですね。

大人になっても着られると言うことは、かなりの量を内側に縫い込んであるのでしょうか?
重さはいかがですか?

投稿: kazura | 2006年6月 6日 (火) 02時22分

姪っ子が同じように、大人になっても着られるようにと、作って貰っていました。
0歳、3歳、7歳と着たそうですが、3歳の時は縫込みが多い上、揚げもたっぷりで、ぼてぼてして着にくかったそうです。
着丈が足りないので、最後は長襦袢になるそうです。
ず~っと着れるのって良いですね。
保育園の卒園式で、女の子の袴姿は見かけましたが、入学式に袴姿の男の子は、さすがにいませんでしたねぇ~

投稿: uzuz | 2006年6月 6日 (火) 05時44分

一生着られる御祝い着なんて素敵ですね~。
うちは、お宮参りの着物は写真屋さんで無料レンタルしました。
3歳の着物はどうしようかなと思っているところですが、7歳は私の七五三の時の着物を着せるつもりです。

投稿: 子連れ狼 | 2006年6月 6日 (火) 12時47分

kazuraさん
熨斗目なんかもいいなー、と思ったのですが、使い倒そう!と思って黒になりました(笑)
はい、縫込みも多いですし、既にかなりの丈があります。
重さはさほど感じませんでしたが、息子を抱いた姑に掛けたら、ちょっと引きずりました。
なので、お付の人(夫)が裾を持って歩きました(笑)。

投稿: 花兎 | 2006年6月 7日 (水) 06時02分

uzuzさん
そっか、女の子だと七五三は三歳もありますもんね。
被布を着て帯は結ばないにしても、確かにちょっと重いかも…
あ、卒園式に袴姿の女の子ですか。かわいかったでしょうね~。
でも、やっぱり男子はいないんですねぇ…

投稿: 花兎 | 2006年6月 7日 (水) 06時03分

子連れ狼さん
写真館のレンタルも最近はいろいろ選べるようになってますよね。
お宮参りでも、ほんの15分掛けていたかどうかなので、レンタル選択が増えるのも当然だなと思いました。
七五三、女の子は二回あっていいですね~。
かわいいものもたくさんあるので、選ぶ楽しみもありますよね。
母親のものを娘に・・・っていいですよね。

投稿: 花兎 | 2006年6月 7日 (水) 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97165/2090253

この記事へのトラックバック一覧です: 祝い着:

« 猿回し | トップページ | とうとう見つけてしまいました »