« 十一世福井四郎兵衛 襲名記念能 | トップページ | そめてみる3 »

染めてみる2

これは、以前作った仕舞扇用の袋。060514_06040002_1

お稽古の先輩の、古いネクタイをリメイクした扇袋がヒント。

使わなくなったネクタイを、必要分だけ切り(扇の長さ+蓋になる部分+底の縫い代の長さ)、底を縫う、というもの。

私も作ろうとしたが、我が家で不用品として発見できたのは、父の祝儀用の白いネクタイだけ。しかも、誰かの披露宴に行った時に食べこぼしたシミがある(だから不用品)。経年のためかタバコのためか、かなり黄ばんでもいる。
そのまま使うのが嫌なので、解いて、染めることにした。“婦人百科”(NHKおしゃれ工房の前身)に載っていた絞り染めのコーナーを参考にしながら、適当に絞り、染めてみた。思ったよりはっきりと柄が残り、満足。アイロン接着芯で裏打ちし、縫い、和菓子についていた紐を取り付けて完成。

元がネクタイである必然性がまったくなくなってしまったが、それもご愛嬌。

|

« 十一世福井四郎兵衛 襲名記念能 | トップページ | そめてみる3 »

「和の小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97165/1796556

この記事へのトラックバック一覧です: 染めてみる2:

« 十一世福井四郎兵衛 襲名記念能 | トップページ | そめてみる3 »