« 祖父の形見 | トップページ | 河東節道成寺 »

履物の阿波屋

名古屋駅のメルサ2階は、私の大好きな場所でした。060530_23340001

和装関係の老舗、呉服の伊勢由、悉皆屋の岐阜音、履物の阿波屋、アンティークのぎゃらりー竹林などが入店していました。

もっと前には、袋物の大和屋も入っていました。

もちろん、そうそうお買い物できるわけではありません。

しかし、きもの好きとしては、ただそのフロアを通るだけでも楽しかったのです。

しかし昨年、名古屋駅メルサは閉鎖、改装されて名鉄百貨店の一部となりました。

写真は、その名古屋駅メルサの閉館セールで購入した、阿波屋のぞうりです。

子供用のもので、確か1,000円しませんでした。

息子はまだはいはいするかどうか、という頃でしたが、「七五三用に」と買ってしまいました。更に、もう1サイズ大きいものも買おうかと思いました。

が、店長に止められました(笑)。

それにしても、この阿波屋の店長との出会いは貴重でした。

私は甲高幅広で、なかなか合うぞうりや下駄がなかったのです。

でも、ここの頑固そうな店長に調整してもらったぞうりは、おろしたての日でも痛くありませんでした。数日間の旅行でも、何の不都合もありませんでした。

店長は、初心者の私のヘンな質問にも的確に答えてくれましたし、私の用途やきものを着る頻度を説明すると、適、不適、要る、要らないといったことも、はっきり指摘してくれました。

本当に頼りになるお店でした。

メルサ閉店後は、違う形でお店を続けているそうです。

私の住まいからはちょっと行きにくいところですが、夏のセールの案内が届いたので、今度寄らせてもらおうかな、と思います。

|

« 祖父の形見 | トップページ | 河東節道成寺 »

「きもの」カテゴリの記事

コメント

メルサに着物関連売り場があったのですね。
私が行ったときは、既に閉鎖されており、残念でした。

履き物屋さんを探しております。
ご迷惑でなければ、阿波屋さんの所在地を教えていただけませんか?

円頓寺商店街にも、履き物屋さんがあると聞きました。
今度覗いて見るつもりです。

投稿: kazura | 2006年5月31日 (水) 19時18分

拙宅にコメントありがとうございました!

投稿: kazura | 2006年6月 1日 (木) 02時08分

kazuraさん
そうなんですよ、名古屋駅メルサは充実してました。
閉鎖を知ったとき、思わず、阿波屋のおじさんに「やめないでくださいっ!」と嘆願してしまいました・・・

阿波屋の情報、kazuraさんのところに書かせていただきました。

円頓寺商店街にもあるんですか。
あのあたり、大通りからアーケードをみたことしかありませんが、よさげな雰囲気ですよね。
今度覗いてみたいです。

投稿: 花兎 | 2006年6月 1日 (木) 02時10分

あっ、今見てみたら、すごいニアミスを・・・
また何か情報が入りましたら、書き込ませていただきますね♪

投稿: 花兎 | 2006年6月 1日 (木) 19時36分

よろしくお願いいたします。
私のブログにも、名古屋で利用出来そうなお店は載せていこうと思います。

円頓寺の履き物屋さんは、こちらです。
テレビ番組で見つけたのですが、品揃え良さそうでした。
高下駄まで置いてありました。
http://www.nodasen-kujiri.com/

投稿: kazura | 2006年6月 2日 (金) 01時54分

kazuraさん
ホームページ見てきました。
とっても期待できそうなお店ですね。
またいろいろお願いします。

投稿: 花兎 | 2006年6月 2日 (金) 22時58分

はじめまして、こんにちは。
私は、メルサにあった阿波屋のおじさんの娘です。
今、花兎さんのページを拝見してびっくりしています。
うちの父のことを書いてくださって、本当にありがとうございます。
嬉しくて嬉しくて涙が出そうです。
本当は、メルサの閉店時にやめるつもりだったのですが、皆さんの「やめないで!」というありがたいお言葉に励まされ、場所を西区の浄心に移転して続けさせていただいております。
メルサ開店時に、東京から腕一本でやってきて35年余・・・。
はきもの一筋で、私たちを育ててくれた父の職人魂を今では誇りに思っております。
はきものに関する事であれば、いろいろとお役に立てるかと思いますので、是非機会がありましたら、地下鉄浄心駅よりすぐですので、お立ち寄りください。
よろしくお願いいたします。

投稿: くーたん | 2006年6月 9日 (金) 00時41分

くーたんさん
まあっ。
その節はお世話になりました!
お父様にはいろいろなことを教えていただいて、本当に感謝しています。
お店を続けてくださって、心強く思っています。
また伺いますので、よろしくお願いします。

投稿: 花兎 | 2006年6月 9日 (金) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97165/2004629

この記事へのトラックバック一覧です: 履物の阿波屋:

« 祖父の形見 | トップページ | 河東節道成寺 »