« 真夜中のホーホケキョ | トップページ | 私もおばさんに »

・・・だから、いいようなものの

昨日、もう一度かかりつけの小児科で診てもらった息子。

流行中の風邪でしょう、ということで、もらったお薬を飲んでよく寝たら、ずいぶん元気になった。

ごめんな、息子、その風邪はかあちゃんが外からもらってきたものだ。

でもな、息子、単に“風邪気味”だったそれがひどくなったのは、夜中にあんたに布団を取られたからなんだよ・・・

・・・まあ、それはおいて、おとついの夜中に緊急で診てもらった医者には、いろいろと笑わせていただいた。

その日の当直は小児科が専門ではない、若い先生で、それだけに丁寧に丁寧に診てくれた。だから悪い印象はないのだが、時におかしなことを言う。

医師「(息子に向かって)頭痛はしますか?」

息子「・・・・・」

医師「おかあさん、頭痛がするって言ってましたか?」

私「・・・あの、まだしゃべれません」

医師「えっ?あ、そうか・・・」

とか。

医師「お口見せて。はい、あーん。あーん。あーん ・・・」

と、彼自身がずーっと口を開いている。

何もそこまで大きく開かなくとも、というくらいに・・・

そして、最後には、

医師「息子さん、泣かなかったですね!」

と、とても嬉しそう。

もしかしたら、彼には、子供に泣かれて弱ったり、保護者に怒られてへこんだりした経験があるのかも。

それにしても、これくらいの風邪で診てもらっているからいいようなものの、もう少し心配な症状の時にボケられたら、私も怒ったかもな・・・

ところで、病院から帰ってきた私と息子に対する父の言葉。

「よかったなあ。おかあちゃんに任せておいたら、お医者さんに連れて行ってもらえなかったな。じいちゃんが連れて行けっていってやったんだぞ」

父よ。

あなたと私は親子だから、まあ、いいようなものの、もし嫁にそんなことを言ったら、どういうことになるのかわかってるのか?

・・・わかっていないんだろうなあ。

|

« 真夜中のホーホケキョ | トップページ | 私もおばさんに »

「育児」カテゴリの記事

コメント

息子さんの風邪、大した事なくてよかったですね。
当番のお医者さん、お話としては面白いけれど(笑)、重い症状で行ってそんな対応だったら、不安になりますね。。。
威張り散らすお医者さんよりずっといいけど・・・。

花兎さんはご両親と同居でいいですね!
色々と摩擦はあると思いますが、お父様も「実の娘だから」と思って言うのだと思いますよ~。

投稿: 子連れ狼 | 2006年5月27日 (土) 13時25分

ほんと、両親と同居で助かってます。
夫が留守にすることが多い仕事なので、そういうことになりましたが、私の両親と同居でなかったら大変だったと思います。
口ゲンカしつつ、親には感謝です。
(同居を承諾してくれた夫にも、感謝しなくちゃいけませんね~)。

あの晩診てくれたお医者さん、見るからに新米さんでした。
何科専門かわかりませんが、たくましい先生になってくれることを祈ってしまいます。

投稿: 花兎 | 2006年5月27日 (土) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97165/1911899

この記事へのトラックバック一覧です: ・・・だから、いいようなものの:

« 真夜中のホーホケキョ | トップページ | 私もおばさんに »